プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

射出成形でガス焼けの悩みを解消するためには

射出成形でモノづくりを行うときガス焼けが生じてしまい、なかなか良品を取ることができないなどの悩みを抱えてしまう人も多いのではないでしょうか。ガス焼けは、樹脂圧により圧縮された金型内の空気により樹脂の温度が上昇した際に発火して、製品の表面が燃えてしまう現象を意味します。表面が黒く焦げているわけですからそのままでは使うことはできませんし、射出成形で失敗した部品はリサイクル材料で使うことはできるけれどもガス焼けを起こしたものは破棄するしかありません。ちなみに、射出成形で失敗してしまった部品は、形状が正しくないものや一部が欠落しているもの、ひび割れなどが生じたものであり、これらの不良品は粉砕機を使って細かく砕けばリサイクルすることが可能です。

ガス焼けの悩みを解消するときには低圧成形を活用するのが良いとされるのですが、これは一般的な射出成形と比較したときに低い圧力で成形する手法で、金型内の圧力が上昇しないよう低い圧力を維持しながら加工を行うやり方です、この手法はガス焼けが発生しないだけでなく大きな型締め力なども不要です。ただ、低圧成形は電子機器をオーバーモールディングを行うときに役立つやり方で、ガスアシスト成形やソリッド成形、ウェブ成形や発泡成形など色々な手法と組み合わせることが可能です。そのため、建築製品や物流で利用するパレット、遊具や清掃用品、業務用厨房製品など大型のプラスチック製品の加工などに適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です