プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

射出成形はプラスチック製品製造技術のスタンダード

現代人の生活には、今やプラスチック製品が欠かせないものとなっています。日用品から文房具、家電製品、包装用資材に至るまで、身の回りにはたくさんのプラスチックがあふれていますが、これは成形が容易で、大量生産が可能だというこの素材の特質によるものです。そしてさらに、こうしたプラスチック製品の大量生産を可能にする製造技術もまた、製品の普及に大いに貢献しています。その代表的な技術が、射出成形です。

射出成形とは、あらかじめ造っておいた型の中に流動性のある素材を流し込み、固化させることで成形を行う技術のことをいいます。熱を加えると柔らかくなるが冷えると固まるといった、温度によって性質に変化の生じる素材であればおおむね何でも使えますが、最も普及しているのがプラスチックです。工場などでこの技術を利用する時は、射出成形機と呼ばれる製造機械を用います。成形する際は一方の端に金属製の型をセットし、もう一方の端にシリンダをセットします。

そしてシリンダの中に溶かしたプラスチックを入れ、先端のノズルから型の内部に注入します。プラスチックが十分固まったところで型を開けば、製品の完成となります。この技術を使えば、同じ型から同じ製品をいくつも生み出すことができます。プラスチックに加える色素を調節すれば、形はまったく同じながら色違いという、バリエーションを作ることも可能です。

この特性が、射出成形が大量生産に適している理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です