プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

射出成形による高分子製品の作製

私達が日常使用する製品の素材について考えてみると、いくつかの種類があります。食卓を考えてみると、通常使用する食器としては陶器製のものや金属製のもの、さらには高分子樹脂でできたものが思い起こされます。それぞれの素材により特徴がありますが、その中でも高分子樹脂でできた食器には独特の特徴があります。まず考えられるのが、大変温かい触り心地で柔らかいという印象があることです。

また軽くて割れにくいという特徴もあります。このような高分子樹脂は、温度を上げたりせず硬さが必要がないという場合によく利用します。陶器や金属などについても、それぞれの特徴を生かした使い方がされるのですが、高分子樹脂の利用についてもその特徴を生かした活用がなされます。先ほども述べましたが、高分子樹脂を用いた製品の特徴は柔らかく温かい感触はあるということです。

また、通常は電気的な絶縁性が非常に高いというのもその特徴です。そのような性質を活用した利用がなされているわけですが、高分子樹脂製品が作られる際に多く用いられる方法に射出成形があります。これは高分子樹脂が、すこし温度を上げれば柔らかくなるというような性質を利用したものです。この性質は、金属や陶器などという素材とは大きく異なります。

そのためにこれらの素材では難しいような場合でも、高分子樹脂では簡単に作る事が可能な場合がよくあります。射出成形の方法としては、高分子樹脂の温度を上げ柔らかくした後にスクリューで押し込んで金型に密着させるという工程がとられます。このように射出成形を利用する事により、表面が滑らかで美しい形の高分子樹脂製品を作ることが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です