プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

射出成形によるプラスチック製品の清掃

私たちの生活の中において、最も利用される素材の一つに高分子樹脂があります。高分子樹脂の特徴は、柔らかく暖かいという感触と通常は大変高い電気絶縁性を持つということです。通常のプラスチック製品は、このような特徴を活用した利用が行われていますが、最も身近なプラスチック製品としてプラスチックコップがあります。私達が日常使う様々の素材のコップの中でも、軽くて割れにくいという特徴は魅力的です。

また、価格が他の素材のコップに比べて大変安いというのも大きな特徴です。このような、私たち庶民にとって大変強い味方である高分子製品は、現代では深く生活の中に浸透しています。日常のいたるところで見つけることができます。このように日常においてプラスチック製品が多く活用されるようになったのは、原材料が安いということもありますが、製造方法についても他の素材を利用するよりもエネルギーを使わずに比較的簡単に製造できるという特徴からも来ています。

これはプラスチック製品の素材である高分子樹脂が、少し温度を上げただけで柔らかくなるという性質を持つためです。通常プラスチック製品の作製の際には、温度を上げ柔くなった高分子樹脂を型の中に押し込むという射出成形という製法がとられます。射出成形の方法を利用すれば、金型さえ準備をすれば同じものを多数簡単に作る事ができます。また金型を変えることによって、ほぼ同じ射出成形の方法で他の用途の製品も作ることが容易です。

大きな作業工程を変更することなく様々な製品を作る事ができることがこの射出成形の特徴であり、プラスチックが数多く私たちの生活の中に登場することになった原因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です