プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチックの射出成形による作製について

昭和の年代と現在の日常生活を比較すると、使用されるものに大きな変化があることがわかります。それは、手に入る素材が大きく変化したからです。昭和の時代の台所を見ると、多くのものが木製品でした。それに対し、現代社会においては新しい素材のものが沢山利用されるようになってきています。

これは、それまでになかった素材が開発され販売されるようになったからです。最近になって特に多く利用されるようになったのが、プラスチック製品です。プラスチック製品は、石油の副産物から作り出されます。原料費を安く手に入れることができるために、大変安い値段で様々な物を作ることが可能です。

このようなプラスチック製品が世の中に出回るようになったのは、原材料費が安いということもありますが、製品を作る際の工程が比較的簡単であり、かつ大きなエネルギーを必要としないという事からも来ています。プラスチックの原材料である高分子樹脂は、温度を60℃程度にあげれば柔らかくなるという性質を持ちます。そのような性質を利用して、高分子樹脂を型の中に入れ成形を行うという方法が使われます。ただ、この高分子樹脂は柔らかくはなっても粘性が高いので、簡単に形にぴったりと収まりません。

そのようなことから、スクリューなどで圧力をかけて形に押し込むという射出成形の方法が多くとられます。射出成形の際に用いる型によって、様々な形のプラスチック製品を作ることが可能となります。射出成形によるプラスチック製品の製造は、原材料の量に合わせて数をコントロールすることが簡単ですので、需要に合わせて製品を作ることが可能であるというメリットも持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です