プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

射出成形のゲートやランナーについて

射出成形では金型に材料を流し入れるといった特徴がありますが、射出成形はプラチック材料でもある樹脂を使った加工の方法です。成形機内で樹脂材料は高温加熱されて、液状に近い状態になってスクリューを使い速度を高めたものを金型に送り込む、このような原理が存在します。このとき利用する金型のことを射出成形金型と呼びますが、射出された樹脂材料はゲートと呼ぶ樹脂の成型品への流入口から入って、ランナーと呼ぶ材料の通り道を通り成型品に充填される仕組みになります。ゲートには色々な形があるのですが、製品の用途や形状、樹脂材料の種類などでゲートの形がある程度決まって来ます。

ポリバケツなどの場合は、ランナーなどを介さずに直接製品にゲートを落とす方法になっているのですが、ポリバケツも射出成形で作り出されています。バケツをひっくり返して底を見ると、中央には突起のような構造を持つ部分があるかと思われますが、ここがゲートとなる場所で成形を終えた後にゲートの根元をラジオペンチなどでカットした跡です。バケツおよび箱などのように断面が均一なものはランナーを使わずに直接金型内部に落とすやり方になる、これをダイレクトゲートといいます。他にも製品の側面に材料の入り口を設けるサイドゲートや製品の上面もしくは下面に入り口を作るジャンプゲート、ランナーのレイアウトの自由度が高くて複数の材料の入り口を作ることができるピンゲートなどの種類があります。

射出成形のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です