プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

試作加工とはポイントについて

試作加工は文字通り、製品化や量産を始める前に最終的な形状、性能などを追求する工程のことで、繰り返し改良や変更を加えることが多いです。量産に入ると大幅に変更することは難しくなるので、試作加工の段階で改良点を見つけたり、改善を図ることが基本となります。例えばプラスチック製品の量産においては、いわゆる金型を製作して使用しますが、金型は一般的に高価なので失敗があると作り直しや追加コストが発生して大変です。作り直さずに済むように前もってしっかりと準備を行うことが、試作加工の目的であって重要なポイントだといえます。

量産に入ってからミスが発覚しても、修正で対応できる範囲ならロスや追加コストは最小限で済みますが、その為にはこの工程を軽視したり飛ばすことができないです。ミスを減らし完成度を高めていくのが試作加工ですが、量産ではないとしてもやはりコストが掛かります。理由は手作業で製作したり機械任せにできず作業に時間も掛かることで、当然ながら試作を繰り返せばそれだけコストが嵩みます。つまり少ない試行回数で量産まで持ち込めるようにする、十分な設計の検討と図面を形にする正確な加工が求められます。

手作業をするのは経験豊富なベテランが望ましいので、実績があって信頼される職人に任せられるケースが殆どです。ものづくりには経験しないと気がつかない、分からないノウハウが沢山ありますから、シミュレーションで検討を重ねることも大事ですが、実際にものを作ることに長けている人に任せることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です