プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

試作における加工にかかる費用の削減

製造における試作は加工の精度を高めるために必要です。いくらクオリティの高い設計図があっても、理想的な製品を作れるとは限りません。あくまでも机上の計算で書いたものであり、実際に形にすると想定外の要素がいろいろと見つからです。とはいえ、やみくもにプロトタイプを用意するとコストが急激に上昇してしまいます。

それを避けるにはポイントを絞って試作し、加工のチェックも細分化していくことが大切です。たとえば、可動部のみ金属で作成して、残りは樹脂などで作っても構いません。金属部分の範囲を狭めることで、試作における加工のコストを一気に安くできます。とはいえ、どのように範囲を絞ればよいのか分かりにくい場合もあるでしょう。

そのためは、CGを用いたシミュレーションを実施すると、具体的にイメージしやすくなります。設計図をベースにいきなり制作するのではなく、まずはコンピュータ上に再現しましょう。それを簡単に行えるツールはいろいろと発売されています。ただし、ツールの使い方をある手度は学習しなければなりません。

本格的に使いこなそうとすると、光源などの環境設定についても把握する必要があります。もちろん、そのように深いレベルで知っておいたほうが、実物との差をあらゆる面で小さくできます。また、上記の工程をクラウドで実施することも可能です。複数の人とデータを共有することで、意見交換をしながら進めていけるなどのメリットが生じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です