プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

試作加工は製品完成のために必要な工程

製品の完成までにはさまざまな過程が存在しており、たくさんの関連企業や関係者による助力が必要となります。試作加工は誕生したアイディアが図面となり、さらに複数回のテストを経て完成していくために必要な工程です。どれほど完成度が高くでもあくまで机上の空論である設計図を現実において立体化し、さらに実験を行って問題点を解決していくためには、試作加工が必須となっています。試作加工に使われるテスト作品は、主に専門のメーカーなどが作ります。

もちろん、開発元の企業にテスト作品を作るための設備がある場合には自社内で作ることになるでしょう。しかし注文されたテスト作品を少数で、かつ短納期で作り上げることができるメーカーは貴重な存在であり、試作加工において無くてはならない存在です。開発元の企業側に設備があったとしても大量生産を前提としていることも多く、少数の生産には向いていません。一方で専門メーカーは最小1個からの生産が可能で、納期についても柔軟に対応することができます。

また、発注されたテスト作品に合わせて利用できる幅広い技術を持っている点も、専門メーカーならではの強みでしょう。3Dプリンターなどを使って素早く納品してくれる、素材の選択から相談に乗ってくれるなど、たくさんのテスト作品を作り、試作加工を支えてきた専門メーカーならではの知識とノウハウがあります。柔軟な対応と発想は、製品の完成を目指す企業を支える大きな力となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です