プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

メーカーが大量に製品を出す時はまず金型を作る

メーカーが大量に製品を作って売り出す時は、まずはその製品のサンプルを作ることから始めます。サンプルは、その製品の図面を細かなところまでを忠実に形作った製品の元となるものです。たとえば、新製品がプラスチックで作ることを想定したものならば、まずは加工しやすい材料を用いて手作りでもって外観を似せたサンブルを作ります。このサンプルを用いて、新製品発売の会議などでプレゼンテーションなども行われることもあります。

この時のサンプルは、紙で折り紙のように作ったりさまざまです、メーカーにおいて新製品発売が決定事項になれば、続いて実際に試作品を作ってみます。これは、本当にイメージしていたものが本物の市場で通用するものであるかを確かめる段階になるもので、企画では最後の砦ともなる作業段階です。メーカーでオーケーの出た試作品の形は以後は変えられることはありません。製品の元となるのは一つしかないということです。

もちろん、地域性やそれを使用する世代に合わせたアレンジなどは出てきますが、やはり元となるのは一つのコンセプトで貫かれたものでなければならないのです。プラスチックの新製品は金属の金型を用いて作られるのが普通です。その金属の金型は、砂で固められた形に熱した鉄などを流し込み、それを冷やし固めて作られます。そうして、金型にブラスチックの原材料を流し込んで大量に作っていくわけです。

和菓子の世界などもこの工程に似たようなところがあって、金型の代わりに木で和菓子の材料を入れ込む版木を作って同じ形のものを作るわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です