プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

複雑化する製品を完成に導く試作加工

複数の工程的役割を持つ試作加工は、機能の確認と量産の確認に多くの時間を使います。技術の進化によって複雑化を続ける製品の安全性を確認した上で発売するためには、試作加工によるテストが欠かせません。複雑な製品であるほど思いもかけない動きをすることもあり、机上で計算したシミュレーションどおりにはいかないなどの難点があります。そこで試作加工を行うことで、あらかじめ起こりえる問題点を洗い出すことができるでしょう。

製品が発売され、ユーザーの手に渡ってしまってからではテストはできません。完全な状態で発売するためには、繰り返しテストを行う必要があります。試作加工は現代の製品販売を支える大切な工程です。基本的には初期段階では安全性や機能性の確認をメインに行います。

ここで発覚した問題点はフィードバックされ、修正されて新たなテスト作品へと活かされます。テストとシミュレーション、そして修正を速い速度で繰り返すためには、テスト作品を素早く作り上げてくれるメーカーの存在も不可欠となるでしょう。メーカーは素材選びや工法の提案などでも協力してくれる頼もしい味方です。安全性や機能面の確保が完了したら、次は量産に向けたテストに入ります。

量産化では本金型の作成を行うことが多く、コストが嵩む本金型を作ってしまう前に、時間あたりの生産数などを確認します。試作加工で生産コストをチェックすることで、実質的な業績に繋げるための道を探ることができるでしょう。加工の試作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です