プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の成型方法

自動車や家電といった身の回りでよく使用されているプラスチック製品。これらは専門の製作所や工場で製造されています。実はこの成型方法は難しく、さまざまな工夫が必要となるのです。プラスチック(樹脂)の成型方法で、最もポピュラーな方法とされているのが「射出成型」というものです。

これはプラスチック(樹脂)を水あめ状になるまで溶かし、その上で金型に入れて加工します。この金型にプラスチック(樹脂)を注入する際に、圧力をかけて注射することから「射出成型」と呼ばれるようになりました。使用するプラスチック(樹脂)は、米粒状のペレットと呼ばれるタイプのものが多く、この製造方法でさまざまな製品を作り出すことが可能です。「射出成型」はまず、樹脂を溶かすことから始まります。

200度から300度の加熱シリンダでプラスチック(樹脂)を溶かし、その後金型に注入するのです。金型に入れたあとは、樹脂が固まるまで冷却と圧迫を続けます。このプロセスは数秒から数分かかり、製品が完全に固まったのちに金型を開き、取り出しの作業が行われるのです。肉厚のものから薄型のもの、複雑な形状のものなど製造アイテムは多種多様に存在します。

高速で製造することが出来るという特徴があるため、大量生産にも向いているというメリットもあることから自動車のバンパーなども同様の方法で製造されているのです。スマホカバーや電気製品の筐体といったものも、同じプロセスで製造されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です