プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)のプレス成型の問題点

プラスチック(樹脂)は熱を加えると柔らかくなり、冷えると硬くなる性質を持っていることから、最近ではプレス成型も広く用いられるようになっています。この方法は非常に柔らかい状態まで加熱したプラスチックをプレスして加工する方法であり、従来のモールド成型に対してより細かな形を表現することができると言うメリットがあります。モールドの場合には液状になったプラスチック(樹脂)をあらかじめ用意した型に流し込む方法であるのに対し、プレスの場合には加工しやすい柔らかい状態になった段階で金属のプレスと同じように両側から挟み込むことでその形を作り出すものとなっており、非常に細かい表現の模様までも緻密に表現することができるのがポイントとなっています。プラスチック(樹脂)の成型はこれまではモールドかもしくは切削によって行われていることがほとんどでしたが、モールドの場合には型を作らなければならない上、十分な温度管理を行わなければならないと言う問題があります。

実際にはこれにより様々な問題が発生していることも多く、厚みが生じたり様々な模様の抜けが生じてしまうといったことも少なくありません。またいちど溶かしていることから強度が劣化してしまうと言う恐れもあり、用途が限られてしまうのがデメリットです。これに対してプレス成型は柔らかいプラスチック(樹脂)に圧力をかけることでその形を印刷するように形成し実現する方法であるため、細かな部分まで美しく仕上げることができます。さらに設備もそれほど大きなものは必要なく、製造工程も簡単であるため注目されている方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です