プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

製品を製造するための金型とその専門メーカー

メーカーがプラスチックなどで商品を作る際に、単にプラスチックの原料と設計図だけでものが作れる訳ではありません。工程からいって必須となるのが金型です。金型を作ってその中に溶けたプラスチックを流し込み、それが固まる事で製品が完成します。製造工程ではまず本体の設計を行いますが、その後に金型の設計も必要になるのです。

ただし、金型を作っている専門の会社というものも多くあり、そこで金型の設計はしてくれるので自社でやらなくていい場合もあります。試作を繰り返して本製品を作り上げる中で、考えなければいけないのは型の製造コストです。金属を削り上げるだけでなく、その設計や部品代、人件費など多くの費用が掛かる部分であり、一つでたくさんの製品を取り出せる事から全体の上に費用を計上しておかなければならないのです。作っていく過程で方向転換などがあって大きく形が変わる場合には、それまで使っていたものはメーカーとして無駄になりますし、プラスチックの試作ではなく型は高額なので無視出来ないものになってしまいます。

どうするかというとメーカーとしては設計段階でしっかり計画を練っておく事です。やりながら修正していくという考えだと、型の修正費用が大きくなってしまい最終的に商品が完成しても赤字になりかねません。また、型を作っているメーカーの助言を聞くことも大切であり、自社がやっていないとしたらノウハウもそれらの専門家に聞くと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です