プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

メーカーで行なっている金型の試作品作りの概要

パソコンや自動車、スマートフォンといったアイテムを生産する場合、まず最初に金型を用意しなくてはいけません。この金型とはアイテムの各パーツから構成されており、それらを組み立てることで1つの商品にすることができます。一般的には専門会社に制作を依頼しますが、まず最初にメーカー側で試作品を用意するのが基本です。ここで簡単に、メーカーが用意をしている試作品の概要について見ていきましょう。

おもちゃメーカーを例にしてみていくと、合成樹脂を使用して商品全体の大まかな状態を作り出します。以前は石膏を使って再現をしていましたが、2010年頃からは3Dプリンターを用いてジルコニウムによる試作となりました。ここで完成したモデリングをさらに、細かく削っていって金型の制作に活用するわけです。金型といっても今では金属を使用したものではありません。

以前は銅や鉄をプレス機に欠けて立体にしていましたが、現在ではシリコンを用いるのが基本です。自動車などの場合だと計450個の細かいパーツになりますが、おもちゃであれば10個程度になります。メーカーでは金型も企業秘密となっているため、図面などは一般には公開をされていません。各商品を生み出すための基盤であり、増産をする場合も必ず必要となります。

出来上がったものはメーカー側が大切に保管をしており、一定期間が経過したら廃棄をなされるのも特徴となっているものです。日本では特に繊細なモデルで作られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です