プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

メーカーが企画し金型工場に依頼する

あらゆるところにあるプラスチック製品ですが、どうやって作られているか細部まで理解している人も少ないのではないでしょうか。プラスチックは溶かすことが出来るので、溶けたものを金型に流し込み、冷やして固まったものが製品となるのです。金型は文字通り金属の型なので、削り出して作ります。一つの製品につき一つは必要になり、完成品は軽くて小さいのにそれに使う金型は大掛かりなものになっているのです。

こういった金型は、それを作る専門の工場も存在します。例えばオモチャであれば企画して設計するメーカーがありますが、金型は専門のところに任せているところが多いのです。工場では型の設計自体も行っているので、メーカーは型の設計まではしなくて済みますし、そのノウハウは工場の持っているものを使えるのです。メーカーの意識しなければならないポイントは、原材料費に含まない型の費用も発生する事です。

つまり完成品に金属が全く使われていなかったとしても、プラスチック製である以上、型のコストは掛かっているのです。これまでにたくさんの製品を作ってきたところであるならば分かっている部分ですが、これからプラスチック製品作りをしようと考えている人には、この部分をよく理解しておかないと製造コストの計算を間違える事になります。型の工場もたくさんありますが、技術力の高いところも多く、ちょっとした修正や改善案などは出してくれるのでお得意様を作るのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です