プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の切削とは

切削加工には三種類があって①旋削加工(ターニング)は、工作物を回転させチップを一定方向に動かして切り込んでいく方法で、工作物の回転速度やチップの送り速度、切り込み量で精度が変化し、その結果工作物はらせん状に出来上がります。②フライス加工(ミーリング)は工作物をバイスで固定して工具を回転させて加工する方法で、この方法だと工作物に平面だけでなく、R形状を加えることが可能なので、立体的な加工も可能になり汎用範囲が広いです。③穴あけ加工(ドリリング)はドリルで穴を開けて行うこの加工は、工作物の深さと材質(硬度)やドリルの強度が重要です。しかしこのやり方を行えば切り屑が発生してしまい、切り屑を除去しないと余分な抵抗力が生じてきて、作業に影響を与えます。

切削加工のなかで加工するのが最も難しいのはプラスチック(樹脂)で、プラスチック(樹脂)は熱によって変化しやすくなり、金属に比べて軽く完成した製品も傷がつきにくいメリットがあります。作業場で切削をすると、プラスチック(樹脂)は熱を持ちやすく膨張してしまいますが、これが冷えると小さくなるので、希望の寸法公差に仕上げるのが容易ではありません。冷え寸法を考慮に入れて切削加工することも大事ですが、プラスチック(樹脂)は時間をかけてゆっくり加工しても溶けやすい性質があるので、プラスチック(樹脂)を切削する時は工夫して作業をしないと失敗してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です