プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の切削

製造業で部品を作る際に使用する材料は、金属材料と非金属材料に大きく分けられますが、最近は部品の軽量化などのニーズもあり、プラスチック(樹脂)で部品を作るケースが増えて来ています。プラスチック(樹脂)は材料を溶かした後に、部品形状を作り出す金型の中に射出して取り出し、後加工せずにそのまま部品として使用するケースが多くを占めます。しかし高い寸法精度が要求される部品では、プラスチック(樹脂)を切削するケースも有り、この際には幾つかの注意点が有ります。切削では加工によって熱が発生しますので、これによって寸法変化がもたらされる点です。

変化量は樹脂の材質など種類によって異なりますし、切削時の加工条件や形状によって変化しますので、どの程度の寸法変化が生じるかを見極める事が大切となります。またプラスチック(樹脂)の部品形状を全て切削で作り出そうとしますと、多くの時間が必要となってしまいますので、大量生産には向いていません。これらの背景も有って、小ロットや試作品など少ない量の部品を製造する際に用いられます。そしてNC旋盤やマシニングなどの工作機械を使用して対応を図ってゆきます。

また切削を行いますと、プラスチック(樹脂)の表面に目には見えない細かな凹凸が出来ますので、表面粗さの要求が高い場合などでは更に研削を実施して行く必要が有り注意が必要です。これらの樹脂に関する知識を身に着けておく事が大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です