プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の成型で知っておきたいこと

プラスチック(樹脂)の成型を行う場合には、その特性を十分に理解し効果的な成型を行うことが重要です。その中でも最も注意しなければならないポイントは、その方法によって部分的に強度の違いが現れ、製品に使用する際に問題となる箇所が生まれる可能性があることです。プラスチック(樹脂)の成型には金型に液体の状態にしたプラスチック(樹脂)を流し込み、冷やすことでその形を作ると言う方法が一般的です。液体は加える熱が高いほど粘性が少なくなるため、その温度を高くすることで金型の微細な部分にまで行き渡ることになりますが、これが冷えるまでに時間がかかるばかりでなく、その間に固まり具合にムラが発生し肉厚の部分とそうでない部分が埋まりやすいことが難点です。

この肉厚の違いによって強度の違いが生まれるため、私加える力によっては壊れやすい部分が発生してしまうため注意が必要です。最近ではこの特性を除去するために、金型に流し込む際に様々なガスなどで圧力をかけて強制的に流し込む方法が用いられることも少なくありません。しかしこの場合にはそのガスの性質によって表面が反応し、表面をなめらかにすることができない場合も多いものです。またガスの圧力の影響で逆にムラが発生することもあり、その適切なポイントを見分けなければなりません。

プラスチック(樹脂)の成型を行う場合には様々な手法を変えて試作を行い、最適な状態となる方法を見つけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です