プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の成型とは

プラスチックは日常生活に欠かせないもので、例えば食品用の容器や各種電化製品、そして自動車など幅広い分野で使用されています。これらのプラスチック(樹脂)の部品などは材料をヒーターで加熱してから高圧で金型内に射出して、金型内で冷却して固化した後に金型から成型した品物を取り出す事で作られます。プラスチック(樹脂)には大きく分けて熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂が有り、それぞれ成型の方法が異なっています。前者の場合には加熱溶解した樹脂を金型に投入してそのまま成型して固化させるのに対して、後者の場合には溶融状態の樹脂を金型に投入した後に、更に加熱や加圧を行って化学反応を進行させて硬化させます。

プラスチック(樹脂)の成型方法には複数の種類が有り、それぞれ長所と短所を有していますので、特徴を把握しておく事が大切です。代表的なものとして射出成形が挙げられまして、長所としては各種形状製品に適用出来て成形速度が速いので、大量生産するのに向いている点です。ただし成形機が高額である点が短所になります。次に挙げられるのは押出成形でして、これは金型の構造が単純で成形機の価格が安い点や、肉厚製品にも適用できる長所が有ります。

これ以外にブロー成形ではボトルの様な非常に薄い製品を作る事が出来て、軽量化の面でメリットが得られます。プラスチック(樹脂)では材料の種類や成型の特徴などを考慮しながら最適な組合せを選定する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です