プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)はさまざまなものに成型できる

プラスチック(樹脂)は、現代社会において欠かせない素材のひとつで身近にあるあらゆるものがこれらで作られています。このプラスチック(樹脂)の登場はそれまで作ることができなかったようなものを大量に作ることができ、それらはあらゆるものの大量生産大量消費に繋がっていますし、また暮らしの中で安心安全に使うことができる物質として広く利用されているものです。プラスチック(樹脂)といってもさまざまな種類がありますが、基本的には人為的に製造された高分子化合物からなる物質の一種で、その種類も塩化ビニルやポリ塩化ビニルなどのほかセルロイドやベークライトといったものがあります。商業的に生産されるようになったのは1869年にアメリカで開発されたセルロイドですが、こちらは非常に燃えやすく劣化しやすいという性質から現代ではほとんど使われていません。

一方で現在使われているようなプラスチックとしては1909年に同じくアメリカで開発されたベークライトがあり、こちらは現在でも使われています。プラスチック(樹脂)に共通しているものとしては、熱可塑性樹脂ということで高温になると柔らかくなるため、金型に入れることによって成型することができます。また例えばストローのように押し出すことで筒状に成型することもでき、熱によって溶けるので継ぎ目のない配管をすることができるものです。それに薄く伸ばせばシート上になりますし、補足すれば糸にもなります。

あらゆる物に使われているようになっているのはこの成型のしやすさからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です