プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の成型方法|射出成形の特徴

プラスチック(樹脂)には様々な成型方法がありますが、代表的な方法のひとつが射出成形です。射出成形は金型を使った成型法のひとつで、加熱して溶かしたプラスチック(樹脂)を金型に注入した後に、冷やして固めることで目的の形状を得ることができます。プラスチック(樹脂)と一口に言っても、ポリプロピレン(PP)・ポリエチレン(PE)・ポリスチレン(PS)・ポリカーボネート(PC)など様々な種類がありますが、射出成形は多くのプラスチック(樹脂)の成型に対応できるという特徴があります。また、連続で素早く加工できるのも射出成形の特徴のひとつです。

基本的に1サイクルあたりに要する時間は秒単位なので、大量生産に適しています。加えて、サイズや形状の自由度が高いという特徴もあり、表面の仕上がりが綺麗なので他の方法と比べて仕上げ加工の手間が少ないというメリットもあります。このようなメリットがあるため、射出成形は日用品や自動車部品、家電製品など様々なプラスチック製品の製造に用いられています。一方で、射出成形に用いられる金型の製作には一定の期間が必要です。

場合によっては数ヶ月ほどかかることもあり、すぐに生産を開始できないというデメリットがあります。また、金型製作には多額のコストがかかるケースがほとんどなので、大量生産しないと初期投資費用を回収できない恐れがあります。加えて、極端な肉厚や薄肉の成型には不向きというデメリットもあるので注意が必要です。プラスチック(樹脂)の成型のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です