プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)の成形について説明します

ここでは、プラスチック(樹脂)の成形について説明します。射出成形の概要射出成形の「射出」には、射出や充填などがあります。金型は、熱溶融樹脂(プラスチック)を射出のように金型に注入して充填することによって形成可能です。主に熱可塑性樹脂の加工に使用されますが、熱硬化性樹脂にも使用されることもあります。

薄肉製品や複雑な形状など、さまざまな樹脂製品を高速で作成可能です。そのため、大量生産にも対応可能です。射出の用途は、スマートフォンのカバー・電気製品のハウジング・プラモデル・バスチェア、便座などの中小規模の製品があります。また、自動車のバンパーなどの大型部品にまで及びます。

多種多様なプラスチック(樹脂)製品の成形や量産に使用されていることから、代表的な樹脂方法と言えます。射出成形には、金属部品とプラスチック(樹脂)を一体型に加工する「インサート」と、色や材料の異なる樹脂を一体加工する「多色」と「異材料」の「複合」があります。また、射出加工品の表面に印刷したり、高級感を与えたりする「装飾」の方法として、「フィルムインサート」と「フィルムインモールド」があります。インサートあらかじめ金型に金属製のネジや端子(インサート製品)を入れ、その周りに樹脂(プラスチック)を注入して一体加工(複合)する技術です。

この方法は、コネクタやスイッチなどの電子部品や、樹脂の絶縁性を利用したドライバーやラジオペンチなどの工具の製造によく使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です