プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

プラスチック(樹脂)メーカーの成形技術

プラスチック(樹脂)部品の量産はもちろん小ロットや試作など樹脂成形のことなら実績がある優れたプラスチック加工技術を持ったメーカーがおすすめです。プラスチック(樹脂)メーカーのオリジナル技術の新しい射出成形法は、従来の高額な金型を使用せず低コスト化して小ロットや試作にも適した技術です。その特徴はまず一般的に樹脂成形で製品を作るときには最短でも一ヶ月はかかりますが、このメーカーの方法なら受注から納品まで最短で約2週間で製品を得ることができます。また従来の射出成形とは異なる製造装置を使用するため、余分な原料が不要なので一個必要なら1個分の原料ペレットだけで済みますから大幅にコストダウンになります。

さらに一般的方法では製品の量産化までには代替材料で何度も試作が繰り返されますが、新技術のプラスチック(樹脂)なら最初から本番材料で試作します。しかも一般的に小ロットでは高価な金型代が製品単価に跳ね返りますが、低コストの方法なら小ロットでも十分採算にあった提案が可能です。そして射出成形は原料プラスチックペレットを熱で溶融し、金型内に射出した後冷却固化することにより樹脂製品を得る方法で短時間で大量生産できます。機械部品や自動車部品や家電製品やPC関連に電子機器や医療機器、理化学分析機器や食品製造装置など数多くの分野の製品製造に用いられています。

プラスチック(樹脂)メーカーではお客様から製品のコンセプトをお伺いし、具体的に製品材質や製品設計などについて提案いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です