プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

現在主流のプラスチック(樹脂)成形の方法

製造業が盛んな日本では、1950年代頃から1980年代まで金型業という専門の仕事をなさる会社もたくさんありました。どのような製品を作るのにも、まず最初に原型となる金型が必要です。文字通り金属を加工して制作をしますが、非常に高度な技術と知識がいるものです。おもに職人と呼ばれる方が家業でおこなっているのが一般的でしたが、1990年代からはその家業を継ぐ若者が大きく減少をしました。

日本のものづくりを支える基盤だったのですが、現在は新しいテクノロジーを駆使したプラスチック(樹脂)成形という技術が確立をされています。ここでは詳しくプラスチック(樹脂)成形について解説をしてききましょう。パソコンではCADというデジタル図面を製図することが可能です。以前は手書きのものでしたが、デジタル化をしたことで周辺機器にデータを送信することもできるのが魅力といえるでしょう。

プラスチック(樹脂)では必ずと言っていいほど、3Dプリンターを用いて成形をします。これは樹脂を噴射することで立体的な造形物を作ることが出来、その時間も約2時間程度と非常に短いのがポイントです。昔であれば職人が手作業で研磨をしたり、形を整えていましたが3Dプリンターではその必要はありません。現在では非常に精巧な造形物をつくることもできるので、細かい自動車のパーツなどでもプラスチック(樹脂)成形が大活躍をして生産の基盤を支えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です