プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

試作品の金型成型を簡単におこなえるツール

自動車のパーツは、約1万個もの細かい部品が合わさっているものです。それらは一個ずつさまざまな向上で生産をされており、1ミリ単位の寸法にズレもないのが特徴です。ものづくりが盛んな日本では、2020年現在で全国各地に金型成型を生業としている中小企業が約15万件もの数で点在をしています。大半の工場で今でも職人による手作業が主流ですが、昨今ではデジタル化を導入する動きも顕著となりました。

金型成型をするのは約1年もの期間を有するのが特徴で、それゆえに高品質な製作を可能としてきました。ところが昨今では、いかにして正確な金型成型を短時間でおこなえるのかが重要視をされています。それは試作品の発表にも大きく影響をしているからです。2000年以降は中小企業でも、パソコンを導入されるところが多くなりました。

それに伴い、試作品の金型成型もある機材を活用されています。その機材というのが3Dプリンターで、金型ではあるものの素材は金属ではなく合成樹脂となっているのがポイントです。大手メーカーの試作品を作っているところでは、今まで担当ではなかったエンジンやシリンダーも合成樹脂で一度に生み出すことに成功をしていて、新しい業界にも参入をされたほどです。試作品をいち早く完成させることで、他のメーカーと大差をあけることができます。

3Dプリンターは1時間程度で完成させられるので、メーカーの注文にいち早くこたえられるのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です