プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

試作を行ってくれるメーカー

企業が新しい製品を開発する際に重要となるのが試作です。いきなり大量に生産してしまうと、その製品に何らかの不備があれば大幅な損失を出してしまうことになります。そこで試作を行い、その性能を見極めることが大切です。試作を行うメーカーを選ぶ上では、その精度が重要となります。

実際の製品との乖離が少なければ少ないほど良いといえます。株式会社ゼンでは様々な角度から試作品の製作を行っており、評判の良いメーカーとして知られます。株式会社ゼンが得意としている加工の1つは樹脂切削加工です。これはプラスチックの棒材や板材を使用し、希望した形状を作り出すものであり、歯車の加工なども行うことが出来ます。

このメーカーは1個からでも製作しており、小ロット量産にも対応してくれます。マシニングセンタだけでなく、複合旋盤や彫刻機なども使用しているのが特徴です。同時に得意としているのが金属加工と金属切削であり、これは他の加工と比べてもより高精度で行うことが出来ます。アルミニウムやステンレス、アルミダイカストに対応しています。

亜鉛合金での加工をしてほしい場合にも依頼出来ます。試作の生産には5軸加工機を使用します。これにより、複雑な形状を作り出すことが出来ます。ダイカスト材での切削実績もあるので、安心して依頼しやすいです。

加工後のメッキ、熱処理なども合わせて注文することが出来るため、業務の効率化にもつなげていくことが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です