プラスチック(樹脂)製作のメカニズムを調べる

メーカーは試作を繰り返しながら商品を作る

すでに既存の商品がある場合、作るのは難しくありません。しかし、新商品を開発するとなると、アイデアを形にするまでに時間がかかります。メーカーはアイデアを商品化するまでに試作品をいくつも作って試してみます。試作品を試しながら、問題点や改善点を探すのです。

例えば、レストランが秋の新メニューを開発する場合、季節の食材をいろいろ使って試作を繰り返します。味を見たり、見た目はどうかなどいくつもの要素を考えます。値段も大事になりますので、コストや手間を考えることも大事です。何度も繰り返した後に、商品化が決まります。

ランニングシューズを作るメーカーが新しいシューズを開発しようとしています。そのような状況で。基本的なコンセプトや方向性を決めることでしょう。その後、試作品を作って実際に履いて試してもらいます。

最近ではデジタル化されていますので、ソールのクッション性なども数値化されます。そのような作業を何度も繰り返しながら、新しい商品を作るのです。メーカーにとって新商品を作るのは簡単ではありません。アイデアが形になり商品として売られるようになるまでに何年もかかることもあります。

しかし、試作を繰り返して完成した商品は素晴らしいものであることが多いです。手間と時間をかけずにいい物は作ることが出来ません。また、素晴らしいアイデアが突然生まれることはまれなことです。ほとんどの場合は失敗をしながら作られるのです。

試作のメーカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です